スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

外道・邪道

2012.04.27(18:03)

しかし まぁ 何やねぇ~



春らしい気候を越えて、一気に夏模様になって来た。


ほんまに、日本列島から春と秋が消えうせてしまったようだ。


実際のところ、温帯性気候から亜熱帯性気候に変わりつつあるらしい。


しかし、気温の変化ほどに影響の少ない海では初夏の訪れを告げる


アジやイサキ、チヌ(黒鯛)が良い感じで上がっていると聞いた。


友人の太公望も、5月には関アジを釣りに行くらしい。


聞くところによると、どちらも「関モノ」としての認定があり、それをパスした魚だけに


「関」の冠が付くという。



そんな釣り人達が使う言葉で「外道」という言葉がある。


目的以外の魚の事をこう呼ぶ。特に悪意は無いのだが、本来釣れて欲しい魚から、外れた


魚という意味合いだ。


同じような意味合いに「邪道」という言葉がある。邪道という限りは、正道が存在するはず


なのだが、この「正道」が至って曖昧に揺れ動くのだ。


たとえば、握り寿司にとんかつソースをかけて食うのは邪道か?と問われても


そもそも、寿司にしろ何にしろ、流れゆく歴史の中で、様々に変化を遂げ現在に至っている


事を思えば、いつの時代が正道であったかを論ずる事は誠に難解である。


キリスト教ですら、ローマ帝国の庇護を受けるまでは異端であり、邪教とされていた歴史が


あるのだから、まさに外道であり邪道であったのだ。



だが、その外道や邪道、異端が、時に魅力的に人々を惑わし、気付けば深淵の底へと誘われる


事もしばしばだ。危険な香りのする男に、振り回されたり、怪しげな女にむしり取られたり


けっこう、外道や邪道にハマってしまう人も数多いはずだ。


かく言う、家元もハマったクチなのだ。




ウナギ屋でウナギを食べるのは正道である。寿司屋で寿司を食べるのも正道である。


天ぷら屋で天ぷらを食べるも正道。ところがである!


ここに最高の外道、邪道が存在する店がある。


天神橋筋1丁目のそば屋「更科」が、それだ。


前作の家元日記にも、よく登場したそば屋ながら、なつかしの大阪うどんを食える店だ。


そこの外道が「出汁巻き卵」なのだ。


先日も新地の割烹職人と、出汁巻き卵の話になったとき、何と「更科」の名前が上がった


のには我ながら驚いた。絶妙の焼き具合と、ひたひたの出汁に浸かった様子がたまらない。



新・家元日記 さもあらじ

そして、もう一品邪道をご紹介。


新・家元日記 さもあらじ

自家製麺の中華そば。


この邪道も、何てノスタルディックな味なのか。



外道と邪道、万歳やわ!!


・・・・・さもあらじ・・・・・



おまけ~


うちの外道、サビです。


新・家元日記 さもあらじ

スポンサーサイト

無為無策

2012.04.26(13:29)

しかし まぁ 何やねぇ~


同じ子供を持つ身としては、やり切れんニュースが多いけども、あの亀岡の無免許、居眠り運転


ばかりは、どうにもいけない。 この悲惨な事件には、ただただ言葉を失うだけで、言いようが無い。


被害者の家族、加害者の家族、それぞれが長く辛い地獄をさ迷うであろう事は想像に容易い。


一言で罪を償うと言うが、どう考えても被害者の家族が、もう十分に償なってもらったと思う事は


一生有り得ない事ではないだろうか。


事件の惨さは勿論の事だが、むしろ加害者の少年が、学校へも会社へも帰属していない


いわば、社会と絡んでいない状況の方が、問題のような気がする。


しかも、それを結果的に容認している親という者にも憤りを感じざるを得ない。


そもそも、子供には徹底的に「自分の思い通りにはならない」という事を、何度も訓練し


叩き込んでおく必要がある。


それが出来ていないと、不条理と不合理に満ち溢れた社会には、適応不能の人間に


なってしまうからだ。


家元も娘達には、クルマは走る凶器と同じで、君たちの力の何百倍もの破壊力を持った兵器


に近い乗りモノだし、運転とは「運」が「転ぶ」と書くように、どう転ぶかはあなた次第・・・


と、言い聞かせている。どうか娘達の運が転びませんように。





てな事で、なかおの隣り、リストランテはまじまは、どうなったかのお問い合わせが多く、近況を~



まあ、借りてしまったものは仕方が無い、ちゅう事で、出来るだけ投下資本を抑えて店作りを


しようと、誰でもが考える事だが、居抜営業をやろうで落ち着いていた。



新・家元日記 さもあらじ

厨房機器から、鍋釜、食器に至るまで全部揃っている。


しかし、家元の美学には程遠く、気付けば・・・・






新・家元日記 さもあらじ

ほとんど、スケルトンからの工事になってしまった。(やっぱり!)


だが、未だに何屋さんか営業形態は定かではない。




おまけ


お父ちゃんの座布団占領。



新・家元日記 さもあらじ

ミーシャは陽だまりで~



新・家元日記 さもあらじ

結局、寝てる・・・・・さもあらじ・・・・・



新・家元日記 さもあらじ

サビは起きています。(ハラへったぁ~)





超美食家現る!

2012.04.18(17:57)

しかし まぁ 何やねぇ~



先日、スタッフが食べログのレビューに2点を付けられてます!と報告があった。


2点だろうが、1点だろうが勝手に誰でもが書き込めるのだから、別段気にも止めずにいた。


とは言うものの、2点という点数が少し気になり内容を覗いてみると、どうも食材そのもの


を批判されている。しかもコンセプトが不明との事・・・


http://r.tabelog.com/osaka/A2701/A270102/27004668/dtlrvwlst/4039077/


過去のブログやHPで何度も述べるように、伊勢志摩及び三重県食材を広告媒体とし


伊勢志摩及び三重県の観光に寄与する事が弊店の基本概念です。


特に食材を媒体とする限りは、第一に安全で、高品質の食材でなければいけません。


投稿者の方が、名指しで「佐藤養殖場」の牡蠣と、天然上物?の牡蠣とを比較され


あまりに旨味が無いと批判されておりますが、ここで言われている、天然上物の牡蠣


とはどの様なものか、恥ずかしながら想像が付きません。


およそ、冬場の真牡蠣を滅菌洗浄せずに、食べる事が出来るという事であれば、生活排水の


まったく流れない、無人島やそれに近い場所で生息するものでしか有り得ないでしょうし


夏場、ノロウィルスの勢力が弱い時期の、岩牡蠣なら天然が主流ですが、リスクの高い


冬場の天然真牡蠣が流通するとも考え難く、また三重県には残念ながら、生活排水ゼロの


海まで続く川は存在致しません。


また、工場で製造するスナック菓子ではありませんので、季節により味や旨味は当然


変化します。11月までの走り牡蠣、1~2月の旬の牡蠣、そして最後のなごり牡蠣と


1~2月以外は海水温が高いため、牡蠣が活発になり、体内に蓄積したグリコーゲンを


消費するため、味は旬に比べ薄味になるのは当然とも言えます。



そこで、投稿者の方が名指しで「旨味に乏しい」牡蠣とレビューされた「佐藤養殖場」に


ついてですが、日本の牡蠣の養殖史を語るにおいて外せない存在の会社であり


養殖場には、納品先として名立たる、旅館、ホテル、料亭、レストランの屋号がずらりと


誇らしげに並べてあり、その名は古くから海外でも評価されています。


一部、佐藤養殖場のHPにも、紹介されていますので、ご興味のある方はご覧下さい。


佐藤養殖場~http://www.seijyoumatoyakaki.com/


Wikipedia~http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%84%E7%9F%A2%E3%81%8B%E3%81%8D


投稿者の方が、この食材に満足なさらないのであれば、弊店の扱う他の食材などは


思っておられるように、ゴミにも劣る存在であると、言わなければなりません。



ただ、過去において同じ佐藤養殖場の牡蠣そのものにでは有りませんが、輸送時間の


鮮度落ちを指摘された方がおられ、ご自分で暴走族のオートバイの後ろに乗り、


時速200キロと言うスピードで、志摩半島は佐藤養殖場までを東京から、


往復された方がおられました。


確か、山岡 士郎さんという新聞社にお勤めの方で、何でも北大路魯山人の孫弟子に


当たる美食家、海原 雄山を父親を持ち、「至高」と「究極」との料理対決をされているとか


聞いた事があります。



なるほど、投稿者の方もこの点を指摘されていたのでしょうか?


いずれにせよ、山岡 士郎さんや海原 雄山殿に匹敵する、知識や舌をお持ちの投稿者


の方に、弊店の食材ごときを、お出しした事を遺憾に感じいる次第です。


また、評判の良いランチに~と締めくくっておられますが、投稿者の方のような極めて


美食な舌を、お持ちのお客様には、到底満足して頂ける食事をご提供できるご用意は


ございませんので、ご辞退申し上げます。


・・・・・さもあらじ・・・・・



今後のご活躍をお祈りしております。




速戦即決

2012.04.13(16:45)

しかし まぁ 何やねぇ~


ブログを更新しなければと言う「強迫観念」から離れる事1年余り。


また、何となく書き始めてしまう今日この頃~



北朝鮮のミサイルだか衛星だか、結局失敗に終わったが自衛隊も迎撃ミサイルを配備して迎え撃つ


準備をすると言うので家元も合戦の備えをして待機していたのだが・・・



新・家元日記 さもあらじ



ブログ休止中、面白い話なんかも沢山あったと思うが、う~~~ん・・・加齢のせいか思い出せん!




そうそう、家の同居人達ジーコ&ミーシャも相も変わらずこんな感じで過ごしている。



新・家元日記 さもあらじ

電気ポットの上を定位置にしていたミーシャのお腹の毛は、夏場になっても一切生えて来ず


今でもこの通りツルツルで、少し心配している。



新・家元日記 さもあらじ

店に足しげく通い、生まれた子供を置いて行くサビも、この通り相変わらず不細工だ。



新・家元日記 さもあらじ

そのサビがまたまたやらかしてくれた。生まれたばかりの子供を近所まで連れて来たのは


いいのだけれど途中で置き去りにしたらしく、カラスの猛攻を受けている所を危うくレスキューした。


まだ目も良く開かないほど小さく、助かるか心配したが今は元気にスタッフの下で暴れているらしい。



新・家元日記 さもあらじ

日々大きくなるに連れて目付きがサビに似て来るらしく、サビの子にちげえねぇと里親のスタッフは


嫌そうに?語る。内心はちょっと嬉しいそうやけども・・・






ちょっとした変化と言えば家元が店からリストラされてしまい一人路頭に迷っている所に


空き店舗情報が入った。


場所的にも借りる気も無く冷やかし半分で現地を見に行った・・・



新・家元日記 さもあらじ

なんと、焼鳥の銘店「なかお」の隣りではないか!!!


 http://r.tabelog.com/osaka/A2701/A270102/27018910/


この立地で土曜日であろうが日曜日、祭日、雨、嵐、雪、槍・・・ずっと満席と言う驚異的な店なのだ。


「こんな銘店の隣りならば、おこぼれのお客さんも拾えるかも?しかも、壁に穴を開ければ


隣りの店でいつでもなかおの焼鳥が食えるぞ!!!」・・・・と言う真摯な気持ちで?


速戦即決! 何をする予定もなく衝動で借りてしまった・・・



店名だけは考えた。


第1案~「なかおの隣り」



第2案~「リストランテはまじま」 (代々店をリストラされた者が幽閉される座敷牢)


しかし、当家マネージャーが言うには・・・


「そんな人気店の隣りで閑古鳥のうるさいような店をされたら、母屋のはまじまの看板に傷が


付きますから、はまじまの名前は封印して下さい!」


と、こう釘を刺された・・・・・・・


・・・・・さもあらじ・・・・・




てな訳でどうなります事やら~






2012年04月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 外道・邪道(04/27)
  3. 無為無策(04/26)
  4. 超美食家現る!(04/18)
  5. 速戦即決(04/13)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。