スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

終わりの始まり

2012.10.21(02:32)

しかし まぁ 何やねぇ~



残暑が厳しいと思ってたら、不意に寒うなって副交感神経がついて行かんわ。


日々新聞に尼崎の「家族親戚殺人行方不明事件」のことが出てるけども


相関図を見てもサッパリわからん。


どうもこの頃、家族間の殺人事件が多いように感じるのは家元だけ?


去年までは日本中が家族同士や近隣の「絆」ブームに沸いてたのにどうよ!


人の心は移ろいやすく「朝」にあっても「夕」には無いというけれど、なんや


心が寒々しいわ。




ところで何やかや、紆余曲折、滑った転んだで始めた「瓦町店」のランチも


今日で一旦は終了。


何で止めたかと言うより、何で始めたんや?とのスタンドからの罵声にもめげずに


約、3か月以上も店のカウンターに立てたという事は、自分を極限まで甘やかす


家元からすれば称賛に値する事なんやがなぁ~



止めた理由は、企画の甘さとマーケティング不足に他ならない。


すでに開店1か月で、その事に気づいていたんやけども、撤収計画を立てずに


参戦したもんやから、引くに引けない状況になってしもたんやね。


ただ、カウンター9席の店で平均25人ほどは来店客があるので、回転率からすれば


約3回転と数字上はなるんやけども、いかんせん海鮮物は原価率が高いので


損益分岐点を超えることがはなはだ難しい。


ごちゃごちゃ言い訳しているが、要は「儲からん店」を作ったという事ですわ。



これを一言でいうと「失敗」という言葉に置き換えられますな。


まぁ、失敗には免疫が付いてるんで、さほどの絶望感や敗北感というのは感じん


けども、一抹の寂しさとくやしさが、燻ってるのも事実なり。


しかし、今まで色々なことを業として今日まで来たけども、「失敗」した事には


様々な問題点があって分析すると実にデーターベースとしては、有益な事ばかりが


蓄積して次の挑戦に大いに参考になってきたね。


ところが、「成功」となると、これを分析してもたいして次の参考にはならん事が


ほとんどやねぇ~


と言うのも、それぞれの「失敗」にはかなりの共通項目が重複してるんやけども


「成功」には、その共通項目が皆目見当たらない。


今は業績不振に悩むSONYやけども、創業者の盛田昭夫氏の著書の中の一説に


「戦後の混乱期SONYのような、弱電会社は、星の数ほどあったにもかかわらず、なぜ


SONYだけが世界のブランドに成りえたのですか?」


という質問に一言だけ言っておられた。


「それは運です。」


まったくその通りであると家元も思う。


「人事を尽くして天命を待つ」とも言うが、人事を尽くした後は「運」しかない。


どう転ぶかは神のみぞ知るっちゅうことやろうね。それが証拠に一所懸命に精進して


自分の身を削って目的達成のために頑張ってる人は、それこそ様々な分野で


星の数ほどおられると思いますが、そんな実直な方々でも何かの形で「成功」する


ひとは、ほんとに一握りの人たちですわ。


そうでないと、頑張ったら必ず成功するのであれば、世の中は東大生と成功者ばかりに


なってしまいますがな。




「継続は力なり」諦めずにつづける事。 これは基本中の基本で「成功」の原則とも言え


子供たちにも、そう言い聞かせてます。


あとは女神がほほ笑んでくれるのを、ひたすら待てばいいんですが、、女神は中々


ひねくれ者で誰にでもほほ笑むわけでは無いようですな。




かのチャーチルの言葉を借りるなら「今は終わりではない。これは終わりの始まりで


さえもない。しかし、これはきっと始まりの終わりである」



最後にマッカーサーの言葉を借り一言


   I shall return



・・・・さもあらじ・・・・











スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sinthi.blog.fc2.com/tb.php/11-09a2e48b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。