スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

超美食家現る!

2012.04.18(17:57)

しかし まぁ 何やねぇ~



先日、スタッフが食べログのレビューに2点を付けられてます!と報告があった。


2点だろうが、1点だろうが勝手に誰でもが書き込めるのだから、別段気にも止めずにいた。


とは言うものの、2点という点数が少し気になり内容を覗いてみると、どうも食材そのもの


を批判されている。しかもコンセプトが不明との事・・・


http://r.tabelog.com/osaka/A2701/A270102/27004668/dtlrvwlst/4039077/


過去のブログやHPで何度も述べるように、伊勢志摩及び三重県食材を広告媒体とし


伊勢志摩及び三重県の観光に寄与する事が弊店の基本概念です。


特に食材を媒体とする限りは、第一に安全で、高品質の食材でなければいけません。


投稿者の方が、名指しで「佐藤養殖場」の牡蠣と、天然上物?の牡蠣とを比較され


あまりに旨味が無いと批判されておりますが、ここで言われている、天然上物の牡蠣


とはどの様なものか、恥ずかしながら想像が付きません。


およそ、冬場の真牡蠣を滅菌洗浄せずに、食べる事が出来るという事であれば、生活排水の


まったく流れない、無人島やそれに近い場所で生息するものでしか有り得ないでしょうし


夏場、ノロウィルスの勢力が弱い時期の、岩牡蠣なら天然が主流ですが、リスクの高い


冬場の天然真牡蠣が流通するとも考え難く、また三重県には残念ながら、生活排水ゼロの


海まで続く川は存在致しません。


また、工場で製造するスナック菓子ではありませんので、季節により味や旨味は当然


変化します。11月までの走り牡蠣、1~2月の旬の牡蠣、そして最後のなごり牡蠣と


1~2月以外は海水温が高いため、牡蠣が活発になり、体内に蓄積したグリコーゲンを


消費するため、味は旬に比べ薄味になるのは当然とも言えます。



そこで、投稿者の方が名指しで「旨味に乏しい」牡蠣とレビューされた「佐藤養殖場」に


ついてですが、日本の牡蠣の養殖史を語るにおいて外せない存在の会社であり


養殖場には、納品先として名立たる、旅館、ホテル、料亭、レストランの屋号がずらりと


誇らしげに並べてあり、その名は古くから海外でも評価されています。


一部、佐藤養殖場のHPにも、紹介されていますので、ご興味のある方はご覧下さい。


佐藤養殖場~http://www.seijyoumatoyakaki.com/


Wikipedia~http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%84%E7%9F%A2%E3%81%8B%E3%81%8D


投稿者の方が、この食材に満足なさらないのであれば、弊店の扱う他の食材などは


思っておられるように、ゴミにも劣る存在であると、言わなければなりません。



ただ、過去において同じ佐藤養殖場の牡蠣そのものにでは有りませんが、輸送時間の


鮮度落ちを指摘された方がおられ、ご自分で暴走族のオートバイの後ろに乗り、


時速200キロと言うスピードで、志摩半島は佐藤養殖場までを東京から、


往復された方がおられました。


確か、山岡 士郎さんという新聞社にお勤めの方で、何でも北大路魯山人の孫弟子に


当たる美食家、海原 雄山を父親を持ち、「至高」と「究極」との料理対決をされているとか


聞いた事があります。



なるほど、投稿者の方もこの点を指摘されていたのでしょうか?


いずれにせよ、山岡 士郎さんや海原 雄山殿に匹敵する、知識や舌をお持ちの投稿者


の方に、弊店の食材ごときを、お出しした事を遺憾に感じいる次第です。


また、評判の良いランチに~と締めくくっておられますが、投稿者の方のような極めて


美食な舌を、お持ちのお客様には、到底満足して頂ける食事をご提供できるご用意は


ございませんので、ご辞退申し上げます。


・・・・・さもあらじ・・・・・



今後のご活躍をお祈りしております。



スポンサーサイト

コメント
>黒とまとさん

はまじまの家元です。
このたびは心温まるコメントを頂き、誠にありがとうございます。今後もご期待に添えるようにスタッフ一同精進させて頂く所存です。
また、ご来店の節にはお気軽にお声掛けください。お話でもできれば光栄です。


【2012/07/11 20:29】 | 家元 #79D/WHSg | [edit]
東京より大阪に来てはや一年、通勤途中気になり家が近いからいずれと、美味いと言われたところは人並み以上に行っている物ですが、非常においしかったです。投稿者はいかなる舌を持っているか些か不思議です。自分の味覚を馬鹿似されているようで腹がたちます。また知人を連れていきたいと思います。両親の実家は港と天然の鮎が食べる事が出来る川の近くにあり小さい頃より味覚を養ってきました。しっかりとしたコンセプトがあるなと感じましたのでこれからも頑張って下さい!
【2012/07/11 01:07】 | 黒とまと #79D/WHSg | [edit]
東京より大阪に来てはや一年、通勤途中気になり家が近いからいずれと、美味いと言われたところは人並み以上に行っている物ですが、非常においしかったです。投稿者はいかなる舌を持っているか些か不思議です。自分の味覚を馬鹿似されているようで腹がたちます。また知人を連れていきたいと思います。両親の実家は港と天然の鮎が食べる事が出来る川の近くにあり小さい頃より味覚を養ってきました。しっかりとしたコンセプトがあるなと感じましたのでこれからも頑張って下さい!
【2012/07/11 01:07】 | 黒とまと #79D/WHSg | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sinthi.blog.fc2.com/tb.php/13-e18f3452
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。