スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

慮外千万

2012.11.30(14:15)

しかし まぁ 何やねぇ~


子供のころボーイスカウトに入っていた。所属していたのは市の第一団と言うくらいだから歴史ある団だっ

たようだ。ちなみにボーイスカウトの「Scouts」と言う単語は偵察、斥候と言う意味で、ロープの結び方

や手旗信号、モールス通信、野営の方法などと今考えれば軍事教練のよなカリキュラムだが、公然として

子供が夜遊び出来る事がけっこう楽しかった。

そのスカウトモットーが「備えよ常に」という標語だ。これには歌まであり必ず全団員が斉唱する。

「備えよ常に、強き体、硬き心 ボーイスカウト 掟(おきて)守り人(他人)のために 備えよ常に」

と言う歌詞だ。無論今でもはっきりと歌えてしまう。


東北大震災で倒壊した福島原発事故以来、こぞってマスコミは反原発の論調を張り、今回の選挙の争点も

「原発」が第一の課題として取り上げられている。

ここに家元は疑問とその裏では何が起こり、その先には何が待っているのかを危惧してしまう。

今までは何やってん?何で日本に54基もの原発が野放しにされている事をマスコミは騒がなかったのか?

「備えよ常に」はなかったのか?現在この問題を「原子怪獣ゴジラはナゼ子供たちのアイドルになってしま

ったか」という視点で執筆中である。



さて、以前のブログで「おでん鍋」なる不幸な依頼を自らかぶることになった事故体質の家元だが、すでに

納品も完了した事なので、簡単にメイキングプロセスを紹介する。

要するにこのおでん鍋のケースの風情がお気に召さないという事らしいので、これを変えるしかない。

12-11-09-1.jpg

あれこれと考えたのだが、どうもしっくり行かない。その時雑然とした新聞の折込み広告が目に留まった。

何処かは忘れたが、ちょっとお高いタワーマンションの折込みチラシ広告だ。

別にチラシ広告に偏見があるという訳ではないが、英語ではフライヤー(flyer)とされ、大量にチラシを

空から撒いたのか、飛ぶように情報が伝わったのかは知らないが飛ぶそうである。この大量に配布される

チラシ1枚の価格はB4両面フルカラーでも5~10円程度のものだ。そんな安モンの媒体に数千万円~一億円

を越えるマンションという商品が乗っかっている事が、昔から「意外」な代物として違和感があった。

この「意外」というテーマは家元の作品作りの中でも「境界」というテーマの次に好きな美の領域だ。

「境界」という家元観は、生と死、善と悪、美と醜、明と暗など、相対する現象のどちらにも属さない領域

の渚であるのに対し「意外」とは相対する現象のミスマッチの美学である。

陽だまりの中で微睡むネコは「境界」の世界で、目を開けたまま寝てしまったネコは「意外」の中にあると

もいえる。


「意外」がテーマと決まればこっちのものだ!出来れば「意外」なものから「おでん」なるモノが出て来て

欲しいが、さりとて飲食店なのだから便器やゴミ箱からは出してはこれない。

バーなのだからと言う安易な発想で・・・

12-11-23-8.jpg

う~~~ん・・・文化祭のノリでいかにも安もん臭い。昨今は高級な創作おでんなるものがあるが、家元か

らすれば邪道だ。「おでん」はやっぱり庶民の食い物であり、買い食い禁止の学校帰りに駄菓子屋や文房具

屋の軒先で、真っ黒に煮しまった厚揚げや大根を後ろめたい気持ちで食べるのが「おでん」の醍醐味だ。

安もん臭いおでんが、何やら得体の知れない箱からおごそかに出て来る様は意外で、それがいくらの値段な

のか見当も付かず不気味に感じるはずだ。正体不明の姐さんと得体の知れないおでん鍋・・・

暴力バーには打ってつけの兵器だ。



となれば、高級な質感を求め素材選びから始める。過去に使用した木材のサンプルを引っ張り出して検討し

た。ウォールナット、チーク、マホガニー、花梨など・・・断わっておくが家元は家具職人ではない。

12-11-23-9.jpg

材質は硬くて重いが、その分変形も少ない花梨を選び度々発注する広島県の銘木業者へとメールを送った。

後はそれらしきロゴマークをレーザーで刻印するのだが、ほとんどシャンパンに興味のない家元なので今か

ら研究しソムリエの資格を取っていたのでは、どうも間に合わない。今回はスピードが家元の命を守る唯一

の方法と考え、一番早くて便利で節操のない男にロゴマークを頂く事にした。何と二つ返事、速攻メールで

送られて来た。やはり平素より姐さんに・・・同病相哀れむ、彼との距離が一瞬で縮まった。


まぁ及第点の部品が出そろった。後は組むだけの職人仕事。来世は宮大工を目指す得意分野である。

12-11-23-10.jpg

どんな完成品になったのかは、現地にてご覧下さい~


お問い合わせの件・・・

前回のブログで「摩耶」のお問い合わせを多数頂き、是非会わせろとの強硬なご意見もありましたので

公開されている「摩耶」のブログを添付いたします。http://ameblo.jp/mayamaxxx 


おまけ~いつもの事で意外を無くしたミーシャ…

12-11-28-0.jpg

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sinthi.blog.fc2.com/tb.php/40-92e0eae5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。