スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

三人成虎 そのⅠ

2012.12.04(01:35)

しかし まぁ 何やねぇ~


夜中に「ナゼ原子怪獣ゴジラは子供たちのアイドルになったのか?」を書いていると、けっこう超大作に

なってしまうので、小出しに連載します。随所に反社会的な文言や独善的な意見が見られますので柔軟な

思想の方以外は気分が悪くなる恐れがありますが、その責任は持ちかねますのでご了承下さい。

表題にあります「三人成虎」とは、一人や二人が虎が来たと言っても信憑性はないが、三人が言えば万人

が信じるという意味の漢詩熟語です。





福島原発事故以来、現地では遅々と進まぬ長い時間であるが「原発」ゼロにするという日本の将来をも

左右する国家の指針を2年足らずの時間で、大した議論や政府・東電の情報公開も無いままで、またまた

「原発ゼロ」の新党が旗を挙げたようだ。


子供の時には鉄腕アトムもドラえもんも原子力で動いていたはずだが、最近は違うらしい。

もっとも、ゴジラは水爆実験の放射能により怪獣化し人間に復讐?するという反核精神の権化だったが

いつのまにか子供たちのアイドルに成り下がる運命を背負わされてしまった可哀そうな怪獣だ。


どうも人間が未来を描く時にはネガティブな発想は排除され、光り輝くバラ色が好まれるようで過去に

描かれた未来図にも、幾多の公害病や大気汚染、河川を含む海洋汚染、それに伴う事故などには一言も

触ていない。

そうなると社会の利便性の裏には必ず落とし穴が存在するという、まぎれもない事実を認めなければなら

ないが、必ずしも冷静にその両方を踏まえた議論を展開する者は少く、極論同士がぶつかり合う。

つまりは、実に子供っぽく相手の話を真っ向から否定し白か黒かの決着を迫るのだ。

誰しも未来なるものはわからない。10年後、20年後はおろか明日の日や数時間後もわからない不確定な

未来という概念ゆえに皆が不安を感じ、どうすれば良いのかを決めかねるのだ。

その時、誰かが大きな声で白なら白!黒なら黒と叫ぶことにより、雪崩を打ってその方向へと走るのが

世の常である。それは決して将来を考慮した判断ではなく、今、誰に付けば、どこの味方の振りをすれば

疎外されずに今を安全かつ摩擦せずに事を済ませるかという、非権力者のいわば生きる知恵なのだ。

学校や社会の俗に言う「いじめ」に対する傍観者と相似形において同じ構造である。



原子力が白か黒か、安全か危険かと問われれば「黒で危険」であることには異論はない。

当然過去に地球の大陸は引き裂かれたり、ぶつかったりを繰り返して今にあるという事は、いつそれが

起こらないとは限らないのだから、未来永劫安全な場所など人間の存在如何に関わらずありえない。


ではエネルギーとして何をどうするのかという具体的な代替え案も見えて来ない。大方の政党は数十年

かけて代替えエネルギーを獲得して最後はゼロにするとおっしゃるのだが、その数十年に対し責任が持て

るのか実に怪しい。実際数十年前の選挙公約が今に守られた例もないのだから、それこそ

「ヤルヤル詐欺」だ。


化石燃料の枯渇に加えCO2の排出問題で火力にも限界があり、環境問題や脱ダム宣言で水力もダメ、

太陽光や風力、地熱などと言うが、そんなちゃちなもので賄えるほど日本の電力使用量は半端なもの

ではない。

反原発の方はヨーロッパでは工業国のドイツを始めとして、原発ゼロの国が現実にあるではないかと

おっしゃるのだが、彼らはフランスを含め外国から高いお金を払い電気を買っているのだ。

しかも、送電線の短縮化からドイツ国境に近い場所に他国の原発が乱立している事実は、はたして自国の

脱原発だけで安全なものかと疑問になる。ドイツ人もあほうではないので、同じように突き詰めた議論も

せずに反原発に舵を切ってしまったものだから、今更後には引けないという不自由さで苦慮している現状

だ。では島国の日本はどうだろ?

今や21基の原発を持つ韓国の15基が日本海側にある。対岸の日本までは最短で50キロを切る位置にだ。

ここで問題が起これば対馬海流に乗って日本海側の地域は完全に汚染される。

さらに大規模な地震の多い中国では、雨後の竹の子のように原発が建設中で、計画通りに進めば20年後

にはアメリカを抜き世界最大の原発大国になる。毎年偏西風により日本に黄砂や最近では酸性雨をもたら

す国がだ。問題は放射能は自国の事だけで済まないという厄介な代物で、海の向こうで新幹線が事故を

起こしたというような対岸の火事では済まされない、日本にも火の粉のかかる重大な問題だ。


韓国や中国の原子炉と日本の原子炉ではどちらが優秀でしょうか?

韓国や中国は綿密な地質調査をして安全性の高い場所に原子炉を作っているのでしょうか?

これら韓国や中国の原子炉は日本にとってまったく無関係なのでしょうか?

日本の原発をゼロにし万一将来日本の不足する電力を買わざるを得ないとすればどの国でしょうか?


どんな事にでも推進派がいれば反対派がいる。どちらもその結果による利益をこうむる者が活動資金を

提供しているのは昔から変わらない。今日もアホな政治家が「原発ゼロ」は国民の総意であり、それを

反映さすのが政治の仕事だと恥ずかしげもなく述べていた。本当に国民の総意なのか?理想では有るかも

しれないが決して総意なるものではない。

もう一度単純に考えてみよう。「原発」を作って得するのは誰で「原発」を無くして得するのは誰かと

いう図式を。今この小さな日本には54基の原発があるが、そもそもナゼこんなに多くの原発が必要だった

のかと言う問題だ。次回はそれを探ることにしよう。


次回につづく・・・

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sinthi.blog.fc2.com/tb.php/42-3c1e3179
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。