スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

阿付迎合

2012.12.20(16:35)

しかし まぁ 何やねぇ~


街はクリスマスモード満載で、毎年大阪市が当店のために公費を使ってライトアップしてくれる市役所も

賑やかだ。

12-12-17-6.jpg


いつごろから始まったのかプレゼントの交換などを楽しむようになり、それなりに経済には大きく貢献して

いるようだ。

本来キリスト生誕を祝う聖夜なのに厳粛さは微塵もないところが、日本人の心の大らかなところであるが、

このプレゼントと言う風習も年末のお歳暮に近いものがあり日本人にも抵抗なく馴染めたのかも知れない。

お歳暮の起源はよく分かっていないが、目上の人に贈り物を届けたり、目下や子供にお金やお餅を振る舞う

歳暮の礼なる儀式が室町~江戸時代に起こり、やがて一般に広まったと言われている。

いずれにせよ感謝の気持ちを込めて、どちらも手渡し持参する事が大切だ。


しかし、このプレゼントをする行為も中々難しい事で、相手から〇〇が欲しいとリクエストがあれば簡単な

のだが(マンションや高額な貴金属宝飾類、車、船舶、航空機は除く)こちらが考えるとなると迷宮に入る。

しかも一定のルールがあり、目上の方に筆記具や靴下などは価格如何に関わらず失礼極まりない事であった

りと送り手の教養まで見透かされる事になるし、新地のお姉ちゃんは別としても、親密でないカタギの女性

にあまり高額なものを贈ると、いったいどんな破目に会わされるのかと恐れられるし、かといって家元が

ちゃちなモノも贈れないしと困った時代もあったが、今やそんな事から解放されたので心配する事もない。


品物でも子供の肩揉み券にしろ、プレゼントには感謝や愛情の気持ちが入っている事が大切なのは当然だが

どうも手編みのセーターは少し重く念を感じてしまう。実際はテレビでも見ながらお気楽に編んでるのだろ

うが、頭の中では都はるみの「北の宿から」がエンドレスで流れてしまう。

着てはもらえぬセーターを涙こらえて編んでます~~~女心の未練でしょうか~~~~~

とにもかくにも、プレゼントは阿付迎合 でも、マイナス思考でもいけません。ポジティブな気持ちを込め

て送りましょう。



そんな事で、裏のネコたちに避難小屋をプレゼントしてしまった事もあり次は里親探しの番だ。

最後まで責任を持てるかどうかは別としても、協力してくれそうな助っ人の店にお邪魔した。

本町「福猫堂」

12-12-18-0.jpg

この店も前回ご紹介した、廃品空間演出家の作品店でネコフリークの集まる店だ。

ネコ好きな女性が一人で経営しておられ、客層も時間帯により猫の目のように変化するようだ。

店内は表現しようのない言わばカオスの世界が広がっているが意外に落ち着ちついてしまう自分が嫌にな

ってしまう。ネコ好き同士が集まるとネコの話意外はめったに出て来ない。まぁ裏ネコを一度見に来て頂け

るという事で終了し、帰ろうかと支度している所へ妙な娘が入口の引き戸をそっと開けた。ナゼ即座に妙と

見破れるのかと言うと臭いで分かるのだ。家元の生息範囲とこの手の妙な娘の生息範囲が重なっている部分

があり、しばしば遭遇するからである。家元の定義する妙とは容姿風貌と行動様式に不一致を伴う者、また

は趣味性において一般的に許容し辛い趣味を有する者、あるいは性的倒錯者の類を指し、自覚症状の有無に

係らず精神的病巣を内包していると考察される者達を示す。




その妙な娘であるが職業はリポーターやラジオのパーソナリティをしていると言うのだが、今年から活弁士

になったという。ほら、当たりや!やっぱり妙なヤツやった。

活弁士とは昔、映画の事を活動写真と呼び、無声であったため映像に合わせ映画の解説やアフレコのような

事をする仕事の呼び名で話芸のひとつだったが音声の入った映画、トーキーの普及と共に姿を消した言わば

テレビの登場で死に絶えた紙芝居屋と双璧をなす化石のような無用の職種で、聞いた時には絶滅したはずの

日本狼や日本カワウソを発見した気分になった。自民党の圧勝を見ても分かるように、行き詰った時に社会

は常に懐古現象を引き起こすと言うが、文化芸術もその限りではない。

先行きの見えない今の時代、3Dよりもたまにはゆったりとした活動写真もライブ感があっていいかも知れ

ない。来年はぜひ拝見させて頂きます~

12-12-18-3.jpg

名称未設定-1


おまけ~いい仕事をする福猫堂のご主人・・・

12-12-18-1.jpg

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sinthi.blog.fc2.com/tb.php/52-396defff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。