スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

大器晩成

2012.05.25(18:10)



しかし まぁ 何やねぇ ~


このところ、「なかお」の隣りにある、新店舗内装工事にかかりきりの毎日。


良く言えば、美的意識の強い審美眼があり、妥協を許さぬ黒澤明張りの、ストイックさを


持ち合わせたアーティストとも言えるが、根が凝り性な上に頑固で融通が利かず


経済性を無視した、ただの独りよがりな変人とも言える。



どちらにしろ、自分のイメージを100%他人に伝える事など、ラブラブのオネエちゃん


とでも、不可能なことなのに、まして利害の絡んだ工務店や内装業者との思い違いは


完成イメージに大きな障壁となる。



そこで、完成イメージを100%他人に伝えるには、1/1を造ってしまう事が1番正確だが


わざわざ、同じものを造ってから業者に


「これと同じものを造って下さい。」


とは、よほどの量産品でも無ければ、不経済極まりないという事になる。



つまり、経済性とイメージとを考えると自分でやってしまえ!と言う事なのだが


これが、他人に頼むよりも厄介な話になってくる。


と言うのも、イメージとは進化するもので、昨日考えた事と、今日とは180度違ったり


さっきと今でも90度くらいは平気で変わってしまうものだ。


その結果、すでに工事から3ヶ月が過ぎようとしているが、未だに完成時期が


未定なもので、サグラダファミリア状態だと近所では揶揄されている。



そんな事で、毎日のように思いついたら「コーナン・プロ」か東急ハンズ詣でを


行う始末で、その道すがら大阪市立近代美術館の佐伯祐三展に足を運んだ。



新・家元日記 さもあらじ

佐伯祐三氏の作品は、すでにご存じの方も多いので、あえてどうこうは


言いませんが、その死にざまが、いかにも芸術家らしく「そこ」が氏の作品の


狂気さを裏付ける基盤になっていると思う。


結核に病み、自殺未遂を犯し、精神病院で断食を続け、衰弱死する。


昭和2年のパリ、わずか30歳の出来事。


まさに画商や愛好家の好む、ストーリーだ。




未だにもし彼が、もっと長生きしていたら、どんなに素晴らしい作品を描いていたか


と言う話が持ち上がる程の天才ぶりなのだが、果たしてそうだろうか?


誰でも人生の中のピークと言うものがあるだろうと考える。


先の理屈なら、名子役は将来的に名役者になっていなければならない事になるが


現実は、逆の場合が圧倒t気に多い。


それは、佐伯氏のような天才だけではなく、万民が持ち合わせる事だと思う。


家元の友人にも、「マハラジャ」時代にピークを迎えた女性がいるのだが、今でも


真冬に会ったりすると、シルバーフォックスのコートを身にまとい、その下は


ノースリーブのボディコンなどを、お召しになっている。


すでに、二の腕は羽ばたけそうなほどの、脂肪を蓄えておられ、パタパタすると


風でも起こりそうな勢いだ。


「あんまり、ウロウロしたら猟師に撃たれるで!」


と警告はするのだが、一向に聞き入れる様子もない。




だが、彼女を見て考えてみると家元にピークといえるものがあっただろうか?


そう言えば、子供の時から親にはよく言われた。


「お前は、大器晩成型やからねぇ~」




晩成て、もう来年は還暦ですけど・・・・・



・・・・・さもあらじ・・・・・




おまけ~


まだまだ、夜は寒いのか外灯で暖をとっています。


さて、何匹いるでしょう?正解の方には○○××を差し上げます~


新・家元日記 さもあらじ











スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sinthi.blog.fc2.com/tb.php/7-7401e87b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。